遺言書作成や遺産分割など「相続」のことでお悩みなら
〈最初〉に弁護士神尾へご相談下さい。

2015.07.15更新

今日で自筆証書の悪口は終わりです。

 

最終回は、「とにかく争いが起こるのは自筆のとき」ということ。

 

公正証書は、公証人の前で作っているので、問題になることは少ないです。

少なくとも、有効無効の問題にはなりにくい(中身で「あの人が多すぎる!」ということはしばしばですけど)。

 

自筆証書だと、「そもそも認知症で書けなかったでしょ」「別人が書いたのでは」などの疑心暗鬼が渦巻きます。

紛争が倍になるぐらいのイメージです。

少しでも争いを減らしたいなら、自筆証書は避けるべきです。

 

以上4回にわたって弱点をあげつらう記事を書いてきて、ちょっと疲れました。

それほど、争いの種になってしまう制度なのです。

それでもあなたは、自分で遺言書を書いてみますか?

投稿者: 彩の街法律事務所

初めての方へ「相続の流れ」 弁護士ブログ 相続に関するQアンドA 解決事例