遺言書作成や遺産分割など「相続」のことでお悩みなら
〈最初〉に弁護士神尾へご相談下さい。

2017.01.10更新

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、昨年の法律業界(さらにいえば相続弁護士界隈)の重大ニュースは、なんといっても預貯金に関する判例変更です。
大法廷は、それまでの「遺産分割において、預貯金は相続分に応じて分割される」というものから、「預貯金も遺産分割の対象になる」というものに変更しました。

 

これだけ読むと難しいですね。

 

実務的にいうと、以下の点が変わりそうです。

 

その1:金融機関の対応
(従来)金融機関に請求すれば、相続人同士の話合いがまとまらないうちでも、自分の相続分はもらうことができた
(今後)金融機関に請求しても、「相続人間の話合いがまとまっていないから、引出しには応じない」と言われることになると思われる

→亡くなった直後にお金が要るのに、、、、今まで以上に「亡くなる前の準備」が重要になりそうです。

 

その2:相続人間の差
(従来)他の財産や生前贈与等の兼ね合いで、相続人間の差が生じてしまう事案が見受けられた
(今後)多くの事案では、差が縮まることが予想される

→完全には解決しないですが、相続人間の差が縮まることは(特に生前贈与でくやしい思いをしている方には)朗報だろうと思います。ただ、「その1」の不利益を差し引きして余りあるかといえば微妙に思います。

 

なお、気になる方は以下のリンク先をご覧ください。
大橋元春裁判官の意見(「意見」というのは、結論は一緒だけど理由は異なる場合に付されます)が非常に参考になります。

 

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/354/086354_hanrei.pdf

投稿者: 彩の街法律事務所

2017.01.10更新

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、昨年の法律業界(さらにいえば相続弁護士界隈)の重大ニュースは、なんといっても預貯金に関する判例変更です。
大法廷は、それまでの「遺産分割において、預貯金は相続分に応じて分割される」というものから、「預貯金も遺産分割の対象になる」というものに変更しました。

 

これだけ読むと難しいですね。

 

実務的にいうと、以下の点が変わりそうです。

 

その1:金融機関の対応
(従来)金融機関に請求すれば、相続人同士の話合いがまとまらないうちでも、自分の相続分はもらうことができた
(今後)金融機関に請求しても、「相続人間の話合いがまとまっていないから、引出しには応じない」と言われることになると思われる

→亡くなった直後にお金が要るのに、、、、今まで以上に「亡くなる前の準備」が重要になりそうです。

 

その2:相続人間の差
(従来)他の財産や生前贈与等の兼ね合いで、相続人間の差が生じてしまう事案が見受けられた
(今後)多くの事案では、差が縮まることが予想される

→完全には解決しないですが、相続人間の差が縮まることは(特に生前贈与でくやしい思いをしている方には)朗報だろうと思います。ただ、「その1」の不利益を差し引きして余りあるかといえば微妙に思います。

 

なお、気になる方は以下のリンク先をご覧ください。
大橋元春裁判官の意見(「意見」というのは、結論は一緒だけど理由は異なる場合に付されます)が非常に参考になります。

 

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/354/086354_hanrei.pdf

投稿者: 彩の街法律事務所

初めての方へ「相続の流れ」 弁護士ブログ 相続に関するQアンドA 解決事例