遺言書作成や遺産分割など「相続」のことでお悩みなら
〈最初〉に弁護士神尾へご相談下さい。

相続の流れについて

被相続人が亡くなってから、遺産を受け取るまでの流れを知っておくことが重要です。

相続問題は、被相続人が亡くなったところからはじまります。被相続人が亡くなり遺言書がない場合、残された親族はまずどこから手をつけていいものか途方にくれてしまいます。

遺産相続について依頼を受けた弁護士は、まず相続対象者や財産の調査から行います。戸籍などから対象となる人を洗い出し、金銭以外の不動産や生前贈与の有無も調べます。

調べている過程で、被相続人に借金など財産では相殺しきれない負債が発覚した場合は、相続放棄の手続きをする必要があります。この手続きが可能なのは、被相続人が亡くなり自分が相続人となったことを知った日から3か月以内となります。

財産のすべてを知った上で、遺産を相続すると決めた場合でも、遺産が一定以上あれば10か月以内に相続税の申告をしなくてはいけません。

こうした税務上の手続きと並行して、次に述べるとおり、相続の方法を選択したり、遺産の分け方などを協議したりといった作業が必要になります。

遺言書があればスムーズにいく作業も、遺言書がない場合は調査や分配の話し合いに、かなりの時間がかかるといってもよいでしょう。少しでも早い時期に弁護士と相談をし、動き出すのが大切なのです。

初めての方へ「相続の流れ」 弁護士ブログ 相続に関するQアンドA 解決事例