遺言書作成や遺産分割など「相続」のことでお悩みなら
〈最初〉に弁護士神尾へご相談下さい。

相続の方法について

相続の方法によって、手続きや期限も異なってくるので注意しましょう。

相続の方法について

財産のすべてがわかった段階で、選べる相続方法は大きく分けて3つです。

まずはプラスの財産もマイナスの財産(借金など)もすべて相続する、単純承認です。単純承認後は、遺言書がある場合はそれに従いますが、ない場合は法定相続に従い、他の相続人たちと分割方法を決定する遺産分割協議を行っていきます。

次に被相続人が借金など負債を残した場合に、その返済を引き継がないために行うのが相続放棄です。これに関しては実行できるのが、自分が相続人となったことを知ってから3か月以内のため、急いで決断する必要があり、できない場合は先ほどの単純承認、つまり負債を引き継ぐことになります。

最後が限定承認です。これはプラスの財産と借金などのマイナス財産を被相続者が持っていた場合、プラスの財産の中から、負債を返済していくというものです。例えばかなりの借金はあるものの、いま住んでいる不動産は手放したくない…というときなどは、これを選択することとなります。

相続放棄の重要性と条件について

相続放棄とは、先に述べたとおり、被相続人が残した負債を引き継がず、プラスの財産を含めすべてを放棄することです。

この相続方法で一番やっかいなのは、申請期間が相続開始から3か月以内と非常に短いことです。49日などが終わってからではほとんど時間がなく、早めの行動が重要と言えます。

相続放棄の手続き

上記にもあるように手続きが行えるのは、期間制限があります。ただここでポイントとなるのは、“自分のために相続が始まったことを知ってから3か月以内”という点です。

例えば被相続者が亡くなってから数年後に借金が発覚した場合や、被相続人が亡くなったことを相続人が知らなかった場合などがあります。

これらの場合でも(特に前者の場合が多いですが、難易度は高くなります)、あきらめずに相続放棄の申述を行う場合があります。

少しでも不安な点などありましたら、お気軽にご相談下さい。

初めての方へ「相続の流れ」 弁護士ブログ 相続に関するQアンドA 解決事例